OPEC:増産はしない、今後は減産検討も-カタール・エネルギー相

カタールのアティーヤ・エネルギー・産業相 は30日、来月1日に開かれる石油輸出国機構(OPEC)の臨時総会で増産の 決定はないだろうと述べた上で、世界的な景気減速や豊富な原油在庫を理由に、 今後は供給削減を検討する考えを示した。

同相は、カタールの首都ドーハでインタビューに答え、「世界的に見て原油 の供給は十分であり、一部の地域では供給過剰とさえいえる」と指摘した上で、 「増産については、私は今度の総会の議題だとは考えていない」と述べた。

アティーヤ・エネルギー・産業相はまた、「世界経済がリセッション(景気 後退)に向かっている場合」、OPECは減産を検討する可能性があると語った。 景気減速がエネルギー需要の減少につながる公算があるとしている。OPECは、 世界の原油供給の40%超を占める。

ブルームバーグ・ニュースが今月24日から28日までにまとめた調査では、 アナリスト32人のうち29人がウィーンで開催される臨時総会での生産目標据え 置きを予想している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE