12月の英住宅ローン承認件数:99年1月以来の低水準-貸し渋り影響

イングランド銀行が30日発表した昨年12月の 英住宅ローン承認件数は7万3000件と、少なくとも統計が開始された1999年1月 以来の低水準となった。米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題 の影響を受けた銀行による貸し渋りで、個人向け融資が減少した。前月は8万 1000件(改定値)だった。

12月の住宅ローン承認件数は、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト24人の予想中央値(7万9000件)も下回った。個人向け貸付額は2億 6500万ポンド(約560億円)と、15年ぶりの低水準。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE