香港株(終了):下落-中国人寿保険が安い、投資収益悪化見通し

香港株式相場は下落。中国人寿保険と中国平安 保険が下げをけん引した。最近の中国株式相場下落が両社のリターン(投資収益) に影響を及ぼすとの懸念が広がった。米ベアー・スターンズによる投資判断引き下 げも響いた。

テンパス・インベストメント・リサーチ(香港)のジョン・ショフィールド氏 は「生命保険株に関するセンチメントが特に悪化している」と話した。

ハンセン指数は前日比638.11ポイント(2.6%)安の23653.69で終了。年初 来の下落率は15%。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比4.7%安の

12755.41。

中国最大の生命保険会社、人寿保険(2628 HK)は2.30香港ドル(7.4%)安 の29香港ドルと、終値としては22日以来の安値。同2位の平安保険(2318 HK) は4香港ドル(6.5%)下げ57.40香港ドルと、昨年7月9日以来の安値となった。 ベアー・スターンズのアナリストによると、保険各社は中国株式市場への投資でリ ターンの低下に直面するとみられる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE