訂正:ヤフー:10-12月期純利益は13%増-広告中心に事業好調

ポータル(玄関)サイト国内最大手ヤフーが 30日発表した第3四半期(2007年10-12月)連結決算によると、純利益は前年 同期比13%増の172億円だった。広告事業やオークション事業の売り上げが好調 で利益を押し上げた。

同四半期の売上高は同29%増の701億円となった。広告事業全般が好調に推 移したほか、昨年9月から連結子会社化したオーバーチュアの業績が四半期を通 じて連結に計上されたため、同事業の売上高が前年同期比69%増と大きく伸び、 営業利益も33%増益となって全体をけん引した。営業利益は同13%増の313億円、 経常利益は同16%増の308億円だった。

2008年3月通期の予想は、純利益が648億-665億円(前期実績は580億 円)を見込む。売上高は2606億-2644億円(同2126億円)、営業利益は1228 億-1256億円(同1062億円)、経常利益が1203億-1231億円(同1028億円) を予想している。

ヤフーの株価終値は前日比1800円(4.7%)安の3万6800円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE