東京外為:円強含み、株軟調でリスク回避-FOMC後の米株動向警戒

東京外国為替市場では円が強含み。海外時 間に米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策発表を控え、利下げ幅や米国市 場の反応が警戒される中、日本株やアジア株の軟調推移を背景にリスク回避の 動きが強まり、円の買い戻しが進んだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。