独SAP:08年ソフトウエア・サービス売上高見通しは最大14%増

経営管理ソフトメーカー最大手、ドイツのS APは30日、2008年通期のソフトウエア・サービス両事業の売上高が最大で前 年比14%増になるとの見通しを発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。