日本株(終了)反落、業績懸念とFOMC警戒-電力や電機下げ目立つ

東京株式相場は反落。燃料価格の高騰が 逆風となり、今通期(2008年3月期)の業績見通しが会社計画に届かない公 算と一部アナリストが指摘した東京電力のほか、前日に利益予想を減額修正し た九州電力など電力株が軒並み下げた。半導体価格の急落で、第3四半期が減 益になった東芝が昨年来安値を更新するなど、電機株の下げも目立った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。