大和証G:第3四半期の純利益は35%減の173億円-法人部門が低調(3)

国内証券第2位の大和証券グループ本社が 30日に発表した第3四半期(2007年10-12月)連結業績によると、純利益は前 年同期比35%減の173億円となった。米サブプライム(信用力の低い個人向 け)住宅ローン問題を背景に企業の資金調達が低迷、株式の引き受け・売り出し など法人部門の不振が響いた。4-12月通期の純利益は同11%減の593億円。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。