キヤノン:今期純利益予想は6.5%増、伸び率鈍化-デジカメ期待(3)

デジタルカメラ世界最大手のキヤノンは 30日、今期(2008年12月期)の連結純利益が前期比6.5%増の5200億円にな る見通しだと発表した。9期連続の最高益となるが、世界景気の不透明感が強 まる中、伸び率は鈍化する。

純利益見通しはブルームバーグ・データによるアナリスト予想平均値5315 億円を下回った。売上高は同5.3%増の4兆7200億円の予想。営業利益は同

5.7%増の8000億円を予想している。為替想定レートは1ドル=107円、1ユ ーロ=157円。キヤノンは売上高の約8割を海外向けが占め、08年は1円の変 動が営業利益に与える影響額が対ドルで99億円、1ユーロで56億円と見込ん でいる。

米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題の影響で景 況感に陰りが出始めているなか、デジカメやプリンターなどの新製品投入効果 により増収増益を目指す。大澤正宏常務は会見で、08年は後半に世界経済も 徐々に回復するとの前提で予想を立てていると説明した。

第4四半期は営業減益

同時に発表した第4四半期(07年10-12月)決算は、売上高は前年同期 比3.9%増の1兆2638億円となったものの、営業利益は同1.2%減の1936億 円だった。純利益は同1.8%増の1278億円。

大澤常務は営業利益が会社計画の2099億円を達成できなかったことにつ いて、「サブプライムの問題がこれほど深刻化すると思っていなかった」と指 摘。カメラもオフィスも数量ベースで想定に届かなかったという。

前期(07年12月期)の連結純利益は前の期に比べて7.2%増の4883億円 となったが、会社予想の5000億円は達成できなかった。売上高は同7.8%増の 4兆4813億円、営業利益は同7.0%増の7567億円。為替レートの実績は1ド ル=117円50銭(06年3月期は116円43銭)、1ユーロ=161円41銭(同 146円51銭)だった。

キヤノンの株価終値は前日比90円(1.9%)安の4690円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE