豪ドル、年内24%上昇し1.10米ドルに-ヘッジファンド運用者

アンティポディーン・キャピタル・マネ ジメントのヘッジファンドマネジャー、クレーグ・ファーガソン氏は30日ま でに、オーストラリア・ドルの対米ドル相場が年内に1豪ドル=1米ドルの水 準を超えるとの見通しを示した。米豪金利差が拡大し、高利回り資産のリター ンを選好する動きが出るという。

ファーガソン氏はシドニーでのインタビューで、米金融当局が複数回利下 げをし、オーストラリア準備銀行(RBA)は少なくとも1回の利上げを実施 すると予想されるなか、豪ドルは2008年末までに24%上昇し、1豪ドル=

1.10米ドルに達する見込みと述べた。金額ベースでオーストラリアの2大輸出 品の石炭と鉄鉱石の相場が上昇していることも、豪ドルを押し上げそうだ。

以前オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行でチーフ通貨スト ラテジストを務めていたファーガソン氏は「豪ドルは最も過小評価されている 通貨の1つ」とし、「商品相場は上昇基調を維持しており、金利差も拡大し続 けている」と述べた。

ファーガソン氏は06年11月時点で、豪ドルが07年に少なくとも18%上 昇し、1豪ドル=0.90米ドルの水準を超えるとの予想を示し、的中させた。今 回示した予想では、株式相場の不安定さが残り、高利回り資産への信頼感が損 なわれるなか、豪ドルは08年6月30日までは同0.83-0.93米ドルでの推移 が見込まれている。

30日の外為市場で、豪ドルはシドニー時間午後零時49分(日本時間午前 10時49分)現在、1豪ドル=0.8881米ドルで取引されている。アジア時間の 前日遅くは同0.8899米ドルだった。ブルームバーグのデータによると、豪ド ルが最後に1米ドルを上回ったのは1982年で、83年12月に自由変動相場制に 移行する前だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE