アジア株:反落-造船株に投資判断引き下げで売り、東京電力も安い

30日のアジア株式相場は反落。韓国の造船 株が下げを主導している。マッコーリー・グループが、船舶受注が鈍化すると の見方から造船株の投資判断を引き下げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。