債券相場は上昇、日経平均が午後再び下落で買い優勢に-長期債が堅調

債券相場は上昇(利回りは下落)。午後に 入り、日経平均株価が再び下落に転じたことで買いが優勢となっている。利回 り曲線上で割安感の出ている長期や超長期債の堅調さが目立っており、相場全 体を押し上げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。