ダイハツ:第3四半期の純利益42%増-海外好調で通期予想を上方修正

トヨタ自動車の子会社、ダイハツ工業が30 日発表した第3四半期(2007年10-12月期)連結業績は、純利益が前年同期比 42%増の79億円となった。海外販売が好調に推移し、ダイハツが四半期決算を 開示した03年度以降で最高益となった。これを受けて通期の業績予想を上方修 正した。純利益は従来予想に対し25%増額の350億円とした。

同四半期の売上高は同0.9%減の4020億円で、03年度以降で初めて同四半 期として減収となったが、営業利益は同37%増の140億円、経常利益は39%増 の159億円で、ともに最高益を更新した。1株当たり純利益は18円51銭(前年 同期は13円7銭)だった。

第3四半期業績を受けて通期の連結業績予想を上方修正した。純利益は従来、 前期比20%減の280億円を見込んでいたが、修正後は同0.8%増と、わずかなが ら増益を見込む。売上高は1兆6400億円(同0.2%増)から1兆7000億円(同

3.8%増)、営業利益は550億円(同1.2%増)から600億円(同10%増)、経 常利益は560億円(同7.0%減)から630億円(同4.6%増)にそれぞれ修正し た。

午後零時50分の決算発表を受けダイハツの株価は後場一段高となっている。 同49分台は930円前後で推移していたが、同55分には一時、前日比59円 (6.4%)高の987円まで上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE