BHPと三菱商事の豪石炭合弁:最長向こう半年減産へ-大雨が影響

世界最大の鉱山会社BHPビリトンは30日、 三菱商事との豪州の石炭合弁会社であるBHPビリトン・ミツビシ・アライアン ス(BMA)が大雨の影響により最長で向こう半年間、減産を強いられる見通し だと発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。