福田首相:与野党対立で日銀総裁空白ない-野党に理解求める(2)

福田康夫首相は30日昼、揮発油税などの暫定税率 を延長する「つなぎ法案」をめぐる国会での与野党対立が次期日銀総裁人事に与える 影響について、「日銀総裁が決まらなくて空白になるなんてあり得ない」と述べた。その 上で「話し合いで解決することが一番いい。あくまでも努力してほしい」と述べ、与野党 が協議して事態を打開すべきだとの考えを示した。首相官邸で記者団に語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。