東京外為:円強含みも様子見で上値限定-米利下げ幅と米株動向が焦点

午前の東京外国為替市場では円が強含み。 株価にらみの展開が続く中、日本株が一時マイナス圏に落ち込んだことで、リ スク投資への不安感から円の買い戻しが先行した。ただ、海外時間に米連邦公 開市場委員会(FOMC)の政策決定など注目材料を控え、利下げ幅や米国株 の反応が注目される中、新たに持ち高を傾けることには慎重な向きが多く、円 の上値は限られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。