日本株は続伸、外部環境落ち着き海運や商社買い-FOMC控え(2)

午前の東京株式相場は続伸。29日の米国 で12月の耐久財受注が予想を上振れたほか、米大手金融保証会社(モノライ ン)が最上級の格付けを維持するとの観測など、外部環境が落ち着きを示した ことが好感された。海運株や商社株など、世界景気に敏感な業種を中心に上昇。 特に海運株は、29日の日本郵船の業績予想増額を評価する買いが継続し、東証 業種別33指数の騰落率では海運は上昇率トップとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。