ミレアHDの岡田常務:生保拡大へ欧米でM&Aを推進「時間を買う」

ミレアホールディングスの岡田伸一郎常 務は、30日放送のブルームバーグ テレビジョンに出演し、内外で育成中の生 命保険業務の強化方針を示し、1つの手段として欧米の会社を中心にM&A (企業の合併・買収)を進めていく考えを明らかにした。同社はロイズ保険市 場メンバーである英キルンの買収を昨年末に決めたばかり。

ミレアの事業ポートフォリオについて

「ミレア全体のポートフォリオを見るとまだまだ日本が大きい。一方で、 資本を効率的に使わなければいけない」「日本以外でポートフォリオを増やし て適切な形のリスクを世界全体で持っていたい」

今後のM&A対象について

「世界の巨大な保険グループと比較すると、当社は国内の損保のウエイト が高く生保が低い。海外でも損保が中心だ」「生保は東南アジアや中国でやっ ているがやはりウエイトが低い」

地域別にみたM&A対象について

「アジアではいろいろなことをやってきたが、まだ米国と欧州では大きな ことはやってなかった。今回、キルン(損保)が手に入ったが、ポートフォリ オ全体としてはまだまだバランスがとれていない」

新興市場と成熟市場への取り組み方

「ミレアとしては目前の利益ではなく、長期的に成長していくための手を 打っていく必要があるのでアジアなどいろいろ含めてやっていく」「一方で、 できるだけ短期間で利益を求めるということもあり、欧米で引き続きいいもの があれば買っていきたい」

インタビューは21日に収録した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE