CS田端氏:1ドル100円、1ユーロ150円でも利益横ばい-来期家電

クレディ・スイス証券の田端航也アナリ ストは30日放送のブルームバーグテレビジョンのインタビューで、来期 (2009年3月期)の家電業界について、為替相場が1ドル=100円、1ユーロ =150円の前提でも横ばいの利益水準を確保できるとの見方を示した。インタ ビューは28日に収録した。主な発言は次の通り。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。