中国民生銀行:国内で最大150億元規模の社債発行を計画-資本増強

中国初の民間銀行、中国民生銀行は、資本 増強を目的に、国内で最大150億元(約2230億円)規模の社債発行を計画し ている。

30日付の上海証券取引所への報告資料によると、同社は10年物の新株予 約権付社債を発行する計画だ。2月18日に同計画についての株主投票が行われ る。

中国の銀行は昨年、株式発行で230億ドル(約2兆4600億円)相当を調 達しており、国内での融資拡大と資産運用事業への進出を進めている。民生銀 は1996年に資産家の劉永好氏を含む59人の投資家により設立され、2002年 以来、年間の利益の伸びは平均40%となっている。

民生銀の株価は年初来で13%安と、中国株の指標であるCSI300指数 (11%安)を下回っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE