クレディ・スイス会長:07年10-12月期に大規模評価損ないと示唆

スイスの銀行2位、クレディ・スイス・グ ループのウォルター・キールホルツ会長は29日までに、2007年10-12月(第 4四半期)に同社が信用商品関連で大規模な評価損を計上しないことを示唆し た。

同会長はダボスでテレビ局の取材に答え、追加の評価損を予想するべきな のかとの問いに「あと10日ほどで決算だが、当社は何も発表していない」と答 えた。番組は29日遅くに放映された。

米国経済については、同国での「今でも相当高いペースの人口増」が住宅 市場などの供給過剰を緩和し、景気見通しを改善させるだろうと語った。

クレディ・スイスは2月12日に第4四半期決算を発表する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE