経産省が生産判断を7カ月ぶり下方修正-先行き予測指数が低下(6)

経済産業省は30日、昨年12月の鉱工業生 産指数を発表し、生産に関する判断を7カ月ぶりに下方修正した。サブプライ ム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題に伴う米国景気の減速懸念、金融 市場の混乱、原油価格の高止まりに見舞われる中、生産の先行きを示す指数は 低下しており、今後、生産は踊り場に入るとの見方が浮上している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。