インド株(終了):センセックス指数3日続落-銀行・自動車株が安い

インド株式市場では、センセックス指数が 3営業日連続で下落。デリバティブ(金融派生商品)の決済日を明日に控えて 売りが膨らんだ。6年ぶり高水準にある政策金利がローン需要と個人消費を抑 制するとの懸念から、銀行・自動車株も売られた。

バジャジ・アリアンツ・ライフ・インシュアランスのサシ・クリシュナン 最高投資責任者(CIO)は「限月乗り換えが低調だったため、相場も若干下 落した」と指摘した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比333.30ポイント (1.8%)安の17758.64。一時は0.2%高となった。ナショナル証券取引所上場 の50銘柄で構成するCNXニフティー指数は113.20ポイント(2.1%)下げ

5167.60。

時価総額でインド最大の銀行、ICICI銀行(ICICIBC IN)は35.45ル ピー(2.9%)下げ1184.85ルピー。国内2位の二輪車メーカー、バジャジ・オー ト(BJA IN)は109.85ルピー(4.6%)安の2268.80ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE