訂正:日経平均年内19000円へ、米利下げ効果受ける-21世紀AM清水氏

ヘッジファンドを運用する21世紀アセッ トマネジメントの清水孝則代表取締役社長は、2008年の世界の株式市場に楽観 的だ。「米国は今夏以降に利下げ効果が出て、実質2.5-3%成長を維持する だろう。同国の株式市場は前半変動が大きくなるが、年間上昇率は2-3割に なり、主体性に欠ける日本株もこれに連動する形で、日経平均株価は1万9000 円まで上昇する場面もあるだろう」と予想する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。