米下院、総額1460億ドルの景気対策法案を可決-上院に送付

米下院は29日、総額1460億ドル(約15 兆6300億円)の景気対策法案を可決した。米経済のリセッション(景気後退) 入り回避を目指した同法案は、約1億1100万人の米国民への税還付などが盛り 込まれている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。