日本株は続伸へ、米耐久財伸び輸出高い-モノライン不安後退も(2)

東京株式相場は続伸する見込み。29日の 米国で、12月の製造業耐久財受注が予想を上回り、米経済の後退懸念が和らい でいる。外国為替市場のドル・円相場も落ち着いた動きとなっており、電機や 自動車など輸出関連株中心に買われる公算が大きい。米大手金融保証会社(モ ノライン)が最上級の格付けを維持するとの観測が広がったことを受け、金融 システム不安も減退、銀行など金融株の一角にも投資資金が向かいそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。