郵船:通期予想増額、荷動き活発や高水準のドライバルク市況など(5)

国内最大手の海運会社、日本郵船は29日 の決算発表で、通期(2008年3月期)業績予想を上方修正した。荷動き活発化 のほか燃料油価格の下落傾向、高水準のドライバルク(ばら積み船)市況など を反映した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。