1月米消費者信頼感指数:87.9、05年ハリケーン襲来直後に接近(2)

米民間調査機関のコンファレンス・ ボードが29日に発表した1月の米消費者信頼感指数は87.9に低下。ハ リケーン襲来直後の05年10月(85.2)以来の最低に接近した。エネル ギーコストの上昇や住宅市場の低迷が続いていることが影響した。ブル ームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値87.0は上回った。前月 は90.6に上方修正された(速報値は88.6)。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。