サブプライム損:三菱UFJ拡大、みずほ1.5倍の2500億円に-予想(2)

大手邦銀グループの米サブプライム(信用 力の低い個人向け)住宅ローン関連損失が拡大しそうだ。アナリスト予想によ ると通期では三菱UFJがこれまでの会社予想などの2.6倍に当たる700億円 に、みずほは同1.5倍に当たる2500億円に実現損が膨らむ見通し。関連証券化 商品の価格下落が背景で業績の押し下げ要因になる可能性も出てきた。

アナリスト3人の下期予想の平均値を上期損失額に加えて算出した。会社 側は昨秋、三菱UFJが上期40億円の処理と230億円の評価損(昨年10月末 時点)が発生したと発表。みずほが通期で1700億円、三井住友は870億円の損 失予想を公表した。住宅ローン担保証券(RMBS)などの下落が続く中で今 週発表される2007年10-12月業績の動向に市場の関心が集まっている。

欧米では「AAA」格の商品も下落

06年夏に顕在化したサブプライム問題は米メリルリンチやシティグループ、 UBSなどが巨額の損失を計上し、08年に資本増強に追い込まれた。英マーク イット社によればRMBSの指標であるトリプルA格のABX指数は昨年7月 を100に足元では65に近づく水準まで低下。邦銀の持つ証券化商品の損失拡大 要因になっている公算が大きい。

サブプライム関連の投資残高(9月末)は、三菱UFJがトリプルA格の RMBSを中心に約2600億円。証券化商品で運用するSIVと呼ばれるファン ドにも800億円を投融資している。みずほはサブプライム関連が1060億円、R MBS全体では8000億円に上る。4-6月にRMBSなど3500億円分を売却 した三井住友でも950億円分を抱える。

SIV投融資でも損失拡大

モルガン・スタンレー証券の鮫島豊喜アナリストは「メリルリンチも高格 付けの商品をそれなりに減損処理した」と指摘。三菱UFJでは下期に860億 円の減損処理を迫られるとみている。リーマン・ブラザーズ証券の瀬之口潤輔 シニアアナリストはSIVへの投融資部分を中心に下期に700億円の処理損が 生じると試算する。

上期に700億円の関連損失を計上したみずほでは下期に傘下のみずほ証券 で1000億円の損失を見込む。クレディ・スイス証券の伊奈伸一リサーチ・アナ リストは時価評価の厳格化で損失は2500億円に拡大すると想定。「サブプライ ムに関係なくクレジットマーケットが混乱し価格が相当落ちるものがある」と いう。残高圧縮を急いだ三井住友の損失悪化を見込むアナリストは少ない。

「資本直撃のダメージはない」

金融庁の佐藤隆文長官は28日の記者会見で「10月以降サブプライム関連 の証券化商品の価格が相当下落しており、評価損の拡大が推測される」と述べ た。これに先立つ16日、三菱UFJの畔柳信雄社長は「影響はSIVや一般証 券化商品に広がっている」と指摘したが、「資本を直撃するダメージはない」 として赤字に陥るような損失にはならないと強調した。

メガバンクの株価はサブプライム損失拡大を織り込み済みとの見方が多い。 三菱UFJの株価純資産倍率(PBR)はグループ発足以来最低水準の1倍付 近に低下、「損失が拡大してもあまり株価に影響は与えない」(リーマンの瀬 之口氏)とみる。野村証券の守山啓輔シニアアナリストも「今期でサブプライ ム問題が終わりだと示せれば、短期的な株価の戻りは期待できる」という。

一方、世界の金融市場ではモノラインと呼ばれる米金融保証会社の格下げ の影響が懸念されている。UBS証券の大槻奈那クレジットアナリストは邦銀 がモノラインの保証を受けている債権や直接の融資額は「米金融機関に比べて 圧倒的に少なく、決算に与える影響は極めて限定的」と指摘。ただ、実際に格 下げが広がればモノライン向け融資などの不良化が進む可能性もある。

【アナリストによる08年3月期のサブプライム損失予想】
                         三菱UFJ    みずほ     三井住友
===========================================================
会社側の見通し              270*        1700         870
===========================================================
アナリスト平均              727         2467         853
===========================================================
伊奈伸一氏                  540         3200         820
(クレディ・スイス)
鮫島豊喜氏                  900         2000         870
(モルガン・スタンレー)
瀬之口潤輔氏                740         2200         870
(リーマン・ブラザーズ)
===========================================================
*注意:単位は億円、三菱UFJは下期の損失見通しを出しておらず数値は中
間決算の損失40億円に10月末時点の評価損230億円を加えた数値。
*アナリスト予想は上期の会社発表の損失額に下期予想を加えたもの。
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE