訂正:東芝:第3四半期の営業利益25%減-NANDメモリー市況悪化

半導体国内首位の東芝が29日発表した第 3四半期(2007年10-12月)の連結業績(米国会計基準)によると、主力の NAND型フラッシュメモリー(電気的に一括消却・再書き込み可能なメモリ ー)市況の急落を受け、営業利益は前年同期比25%減の421億円となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。