エルピーダ:10-12月連結純損益は121億円の赤字転落‐市況低迷(2)

エルピーダメモリが29日発表した第3四半期 (2007年10-12月)連結決算は、純損益が121億円の赤字(前年同期は249億円 の黒字)となった。05年7-9月期以来の赤字転落。DRAM(記憶保持動作が 必要な随時書き込み読み出しメモリー)市場の暴落で、主力のDRAM製品の販売 価格が低迷し、営業損益も同時期以来の赤字になった影響を受けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。