米ヤフー:10-12月は8期連続減益か、拡大策に資金の壁-29日決算

ポータル(玄関)サイト大手、米ヤフーの ジェリー・ヤン最高経営責任者(CEO)は、携帯電話やソーシャル・ネット ワーキング・サービス(SNS)サイトへのサービスで収入増を目指したい考 えだが、そうした拡大策にも資金の壁が立ちふさがっている。

同社が29日発表する2007年10-12月(第4四半期)決算は、8四半期連 続の減益が見込まれる。ヤフーの1株当たりキャッシュフロー(現金収支)は 49セントと、ライバル企業の米グーグルの5.57ドルに遠く及ばない。

ヤフーは年間収入65億ドルの多くをオンライン広告の技術開発に投じてい るが、グーグルによるシェア浸食は止まらない。サンフォード・C・バーンス ティーンのアナリスト、ジェフリー・リンゼー氏は、ヤンCEOが他社買収や 研究開発(R&D)に向けた資金を捻出(ねんしゅつ)する手段は限られ、携 帯電話やSNS上のオンライン広告やウェブビデオへと広告主の関心が移るな かでグーグルに比べ不利だと指摘する。

同氏は「ヤフーは業界の重要プレーヤーとしての地位を失う恐れが高まっ ている」として、「競争に加わるために必要な資金を生み出していない」と述べ た。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト22人の予想平均によると、 ヤフーの第4四半期利益は前年同期比42%減の1億5580万ドル(1株当たり 11セント)が見込まれる。ヤフーは29日の通常取引終了後に決算を発表する。 事情に詳しい関係者が先週述べたところによると、同社は決算とともに、従業 員の5%に相当する700人の削減を発表する可能性がある。

ブルームバーグ調査では、グーグルの第4四半期利益は前年同期比21%増 の12億5000万ドル(1株当たり3.90ドル)が予想される。同社は31日に決 算を発表する。ヤフーの広報担当者はコメントを控えた。グーグルの広報担当 者は四半期決算には触れず、「検索と広告技術への投資を継続する」と述べた。

07年9月末時点のグーグルの現金相当資産は131億ドル。ヤフーは28億ド ルだった。7-9月(第3四半期)の営業キャッシュフローはグーグルが16億 3000万ドル、ヤフーが4億5700万ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE