榊原氏:米金利は夏までに2%台前半へ-「デカップリング論」間違い(2)

早稲田大学インド経済研究所所長で元財務 官の榊原英資氏は29日、ブルームバーグ・テレビとのインタビューで、米国経 済は深刻な状況で、米連邦準備制度理事会(FRB)は政策金利を夏ごろまで に少なくとも2%台前半まで下げる可能性がかなり高いと語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。