12月の失業率は横ばい、雇用情勢はまだら模様-消費支出は増加(4)

昨年12月の完全失業率は横ばいとなる半面、 有効求人倍率は2カ月連続で求人数が求職者数を下回って1倍を割り込み、ま だら模様の雇用情勢を示す内容となった。一方、2人以上の世帯の実質消費支 出は、ガソリンや生活必需品の相次ぐ値上げによる消費者心理の悪化にもかか わらず、2カ月ぶりに増加した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。