米サンディスクの10-12月期:黒字に改善-歳末商戦の需要拡大

フラッシュメモリー(電気的に一括消去・ 再書き込み可能な読み出しメモリー)カードで最大手の米サンディスクが28日 発表した2007年10-12月(第4四半期)決算は、純損益が前年同期の赤字から 黒字に改善した。歳末商戦の需要拡大が寄与した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。