米アメックス10-12月期:9.9%減益、貸倒引当金増加-株価下落(2)

クレジットカード会社で米3位のアメリカ ン・エキスプレス(アメックス)が28日発表した2007年10-12月(第4四半 期)決算は、前年同期比で9.9%減益となった。景気減速に伴い、会員のデフォ ルト(債務不履行)に備えた貸倒引当金の増加が響いた。発表を受け、同社の 株価は時間外取引で下落した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。