仏ソシエテの巨額損失:ユーレックスは11月に取引規模を警戒(2)

不正取引で仏銀ソシエテ・ジェネラルに49 億ユーロ(約7660億円)の損害をもたらした同行元トレーダーのジェロー ム・ケルビエル容疑者は検察当局の調べに対し、デリバティブ市場のユーレッ クスが昨年11月に、ソシエテの取引規模について調査に乗り出していたこと を明らかにした。

ジャンクロード・マリン検事は、ケルビエル容疑者の発言を引用して、ユー レックスが取引規模に疑問を持ったが、同容疑者がうまく釈明したと述べた。

ユーレックスは、「市場参加者個人および取引内容について」コメントでき ないと述べた。フランス銀行からのコメントは得られていない。

マリン検事は28日の記者会見で、ケルビエル容疑者が2005年以降、不正取 引隠ぺいのためにコンピューターを不正利用し、電子メールを偽造していたこ とを認めたと述べた。同容疑者はマリン検事に対し、トレーダーが権限を超え る規模の取引を行うのは珍しいことではなく、今回の不正取引は単独で行った と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE