首相:原油高での物価上昇「やむなし」-予算早期成立が景気対策(2)

福田康夫首相は28日夕、日本経済の動向に関 連して、物価の推移について、「物価が上がっている。これは原油の高騰とそれに よる影響という理由がある。また、穀物価格も上がっている。こういうような事情を考 えるとやむを得ない部分もある」と述べ、原油高など伴う消費者物価指数(CPI)の 上昇はやむを得ないとの認識を示した。官邸で記者団の質問に答えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。