ブッシュ大統領が最後の一般教書演説へ-経済問題で指導力発揮の機会

ブッシュ米大統領はワシントン時間28 日夜(日本時間29日午前)、最後となる一般教書演説を行う。今回は、リセ ッション(景気後退)に向かいつつある米経済に対応するという喫緊の使命を 帯びた演説となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。