日本株(終了)4営業日ぶり急反落、米景気と為替警戒-業績追い打ち

週明けの東京株式相場は4営業日ぶりに 急反落。米国の政策動向など重要日程を前に警戒ムードが強い中、円高による 企業業績への悪影響が懸念された。輸出関連株中心に東証1部の業種別33業 種はすべて下落。新日本製鉄やHOYA、日立建機など業績発表を行った銘柄 が大きく売られ、精密機器、鉄鋼、機械の下げも大きくなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。