福井日銀総裁:円高の進行が追加的な株安に影響している可能性も

日本銀行の福井俊彦総裁は28日午前、衆 院予算委員会で、国内の株価下落について、世界的な株価下落に連動している ほか、「円安の巻き戻しによる円高の進行が追加的に影響している可能性があ る」と述べた。公明党の北側一雄氏の質問に答えた。

福井総裁は「米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題の 日本の金融システムへの影響はこれまでのところ限定的」と指摘。それにもか かわらず、国際的にみて「日本の株価の下落幅は相対的に大きい」と述べた。

福井総裁はその背景として「世界的な株価の下落は、金融市場が不安定な 中で、投資家がリスクを取る姿勢を後退させているためで、日本も基本は同じ」 としたうえで、為替相場の円高が追加的な株安要因になっていると指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE