中国人民元:ペッグ制廃止後の最高値-政府がインフレ抑制との観測で

中国の外国為替取引では、人民元がドルに 対しペッグ(連動)制廃止後の最高値を更新した。中国政府がインフレ抑制と緩 やかな経済成長を目指すとの観測が広がった。

シティグループのエコノミスト、沈明高氏(北京在勤)は「人民元の上昇ペ ース」が2月の「中国の旧正月を前に加速する可能性がある」と指摘。「上昇ペ ースは昨年よりも今年のほうが速いだろう。インフレは中国政府にとって主要な 懸念材料だ」と述べた。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、人民元は上海時間午前9時55 分(日本時間午前10時55分)現在、1ドル=7.1979元で取引されている。前 週末は7.2102元だった。年初来では1.3%高となっている。07年は約7%上昇 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE