官房長官:暫定税率維持の「つなぎ法案」に理解-混乱回避へ与党検討

町村信孝官房長官は28日午前の記者会見で、与 党が道路特定財源である揮発油税(ガソリン税)などの税率を本来の約2倍に引き上 げている暫定税率を4月以降も維持するための「つなぎ法案」の提出を決めたとの報 道について、「国民生活の混乱を回避する目的でいろいろ考えているのだろう」と述べ、 与党の対応に理解を示した。

共同通信は28日、自民、公明の連立両党は同日午前、東京都内のホテルで幹事 長、政調会長、国対委員長が会談し、民主党が税制改革関連法案の2007年度内採 決に応じない場合、暫定税率を2カ月程度延長するためのつなぎの法案を提出する 方針を決めた、と報じた。

政府は23日、暫定税率を4月以降も維持することを柱とする租税特別措置法改正 案を閣議決定、国会に提出した。3月末(07年度内)までの成立を目指している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE