米メリルCEO:米個人消費の見通しは悪化、利下げは住宅価格支えず

米証券大手メリルリンチのジョン・セイン 最高経営責任者(CEO)は26日、米国の個人消費の見通しは悪化しており、 利下げによって米住宅価格下落に歯止めがかかることはないとの考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。