香港株(午前):ハンセン指数5.3%高、米景気対策を好感-HSBC高い

午前の香港株式相場は上昇。米国で戻し減 税を盛り込んだ景気対策がまとめられ、米経済のリセッション(景気後退)入 り回避につながるとの観測が広がった。金融のHSBCホールディングス(5 HK)が上昇を主導している。

ハンセン指数は香港時間午後零時半(日本時間同1時半)現在、前日比

1254.25ポイント(5.3%)高の24793.52。同指数は今週初め、2日間として は過去10年で最大の下げを記録していたが、現時点で前週末比の下落率は

1.6%にまで縮小した。ハンセン中国企業株(H株)指数は7%高の13838.00。

ベアリング・アセット・マネジメント(ロンドン)のマリオ・バレンサイ ス最高投資責任者(CIO)は「香港市場の先行きには引き続き非常に肯定的 だ」と述べた。

HSBCは3.6%上昇した。ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は原油 高を受けて上昇し、7.5%高となっている。衣料小売りのエスプリ・ホールデ ィングス(330 HK)は1月のドイツ企業景況感指数が予想に反して上昇したこ とを手掛かりに買われ、12%上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE