東京外為:円弱含み、日米株堅調でリスク回避緩和-107円台前半

午前の東京外国為替市場では円が弱含み。 ドル・円相場は1ドル=107円台前半と、円が前日の高値105円95銭(ブルー ムバーグ・データ参照、以下同じ)から大きく水準を切り下げて推移した。米 ブッシュ政権が打ち出した景気刺激策の進展を受けて日米の株価が堅調に推移 していることから、リスク回避の動きが緩和するとの見方を背景に円売り・高 金利通貨買いに圧力がかかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。