仏ソシエテG:7750億円の損失めぐりトレーダーを提訴-詐欺と主張

時価総額でフランス2位の銀行ソシエテ・ ジェネラルは24日までに、「31歳の人物」を提訴した。この人物が詐欺行為に よって49億ユーロ(約7750億円)のトレーディング損失を生じさせたと主張 している。裁判所の報道官が明らかにした。

報道官のクラリス・グリヨン氏によると、ソシエテはこの人物が「詐欺的 文書を作成・使用し、自動システムを攻撃した」と主張している。

ソシエテは24日、損失はトレーダーのジェローム・カービエル氏(31)が 引き起こしたと公表した。同氏は雇用主に報告することなく、欧州株価指数に 連動する先物で権限を超えたポジションを組んでいたという。

ソシエテの損失額は銀行業界で史上最大。2006年にヘッジファンド、アマ ランス・アドバイザーズが出した66億ドル(約7070億円)を上回り、英最古 の投資銀行ベアリングズを経営破たんに追い込んだニック・リーソン氏が出し た損失(18億ドル)の3倍を超える。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE