味の素社長:グループ調達力強化、原材料高に対応-再値上げも(2)

調味料国内最大手の味の素の山口範雄社長 は25日都内で会見し、グループで原材料や資材の共同調達を強化する方針を示 した。原材料高が続くなか、規模のメリットを生かして価格交渉力を高め、調達 コストを削減するのが狙い。まず昨年10月に完全子会社化したカルピスと4月 に共同で新組織を設置し、2012年度(13年3月期)に20億円の収益改善効果を 見込む。共同調達による購買規模は当初800億円を計画する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。