カナダのポタシュの10-12月期:過去最高益-肥料への需要が拡大

化学肥料メーカー最大手、カナダのポタシ ュ・コーポレーション・オブ・サスカチワンが24日発表した2007年10-12月 (第4四半期)決算は、純利益が前年同期比で2倍以上増加し、過去最高益とな った。商品相場の上昇が肥料の需要を後押しした。ポタシュの株価は一時12% 高となった。

ポタシュの発表資料によれば、純利益は3億7680万ドル(1株当たり1.16 ドル)と、前年同期の1億8600万ドル(同0.58ドル)から増加。一時項目を除 いた1株利益は1.11ドルと、ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト 13人の予想平均の0.97ドルを上回った。売上高は前年同期比40%増の14億 3000万ドルだった。

トウモロコシや小麦、大豆の価格が過去最高値を付けるなかで、農家が肥料 への投資を拡大させた。ポタシュは、「力強い」世界経済と、肥料在庫の減少、 最高値を更新する農産物相場が今後も肥料の需要増を支えるとの予想を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE