バイオ最大手の米アムジェン:10-12月期純利益は横ばい-株価上昇

バイオテクノロジー最大手の米アムジェン (カリフォルニア州)が24日発表した2007年10-12月(第4四半期)決算は、 純利益が前年同期比ほぼ横ばいだった。貧血症治療薬の販売の落ち込みを慢性 関節リウマチ治療薬「エンブレル」の売上高がカバーした。発表後の時間外取 引で株価は上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。